今使っているエアコンを自動化する方法は?意外と簡単!

この記事はアフィリエイト広告を利用しています

生活を快適にする便利家電
この記事は約8分で読めます。

最新のエアコンはすごいものです。温度、湿度で自動運転するのが当たり前。だけど、そうそう買い替えできないので「今使っているエアコンを自動化したい」という人も多いはず。大丈夫ですよ。switch botハブ2があれば実現できるから。

そこで今回は、switch botハブ2を使ったエアコンを自動化について説明します。

※エアコン自動化の方法はいくつかあると思いますがそのひとつとしてご覧ください。

必要なもの

エアコン自動化に必要なものは、

  • switch botハブ2
  • エアコンのリモコン
  • スマホ

switch botハブ2にエアコンのリモコンを連携させればOK。スマホは設定に使う。スマホとリモコンは持っているだろうから、あとはswitch botハブ2があればいい。

エアコン自動化でできること

エアコンを自動化することでより便利に生活することができるようになる。

温度・湿度で運転

switch botハブ2には温度と湿度のセンサーが搭載されている。そのため設定した温度や湿度になったときに運転したり停止したりすることができる。いちいちリモコンで操作しなくてもいい。

時間設定で運転

もちろん時間を設定することで運転を開始することもできる。「もともとエアコンの機能でタイマー設定できるよ」という人もいるかもしれないが、switch botハブ2のすごいところは外出先からでも操作ができるところなのだ。急に帰宅時間が変更になったときにも対応できるのが便利。

家に近づいたら運転

位置情報を使って家に近づいたら運転を開始することも可能だ。たとえば、駐車場に着いたらエアコンが自動でオンとなる。部屋に入るときには快適な温度となっていることだろう。逆に、家から離れたら運転を停止することもできるのだ。これならもう消し忘れるという概念すらなくなる。

まとめ

一万円程の出費で今のエアコンを自動化できるのです。お手軽だと思いませんか?

さぁ、あなたも体験してみよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました