モバイルバッテリーどれにするか迷ったらAnker PowerCore 10000がおすすめ

この記事はアフィリエイト広告を利用しています

生活を快適にする便利家電
この記事は約6分で読めます。

スマホにタブレットにスマートウォッチにワイヤレスイヤホン。充電が必要な機器がこれだけあるとモバイルバッテリーはもはや必需品だ。外出先でどれかひとつでも電池が切れたら、不安で不安でその後の予定はもう心ここに在らずとなることだろう。

そんな重要なモバイルバッテリーなのだが悩みの種は種類が多すぎてどれを購入していいのか迷うこと。そこで出した結論は「迷ったらとりあえず評判の良いAnker PowerCore 10000にしておこう」ということだった。

そこで今回は、Anker PowerCore 10000をおすすめする理由について解説します。

Anker製だから

Ankerはモバイルバッテリーのみならず充電器やワイヤレスイヤホンなどのガジェット系製品を多数製造販売している。セブンイレブンでも販売していることもあって目にすることも多い。家電量販店にも必ずAnker製品は置いてある。

単純かもしれないが、これだけ販売されているということは信頼性の高い証なのではないだろうかと思うのだ。もしも粗悪品であったのならすぐに姿を消しているだろうから。

価格が安い

5,000円以下で購入できるところも重要なポイントだ。もしも「自分には合わなかったな」となった場合でも価格が安いのでショックは小さくて済む。もともとモバイルバッテリーは消耗品なのでそれほど高価なのものでなくていいとも思っている。

使い勝手がいい

スマホを数回充電できる大容量の10,000mAhながらも小さくて軽い。そのうえ急速充電にも対応。残念なところは、本体の充電がUSB-Cでないのと出力ポートが1つというところ。それを踏まえても普段使いには十分な機能を備えているモバイルバッテリーに違いない。

まとめ

信頼性、コスパ、機能面を考えて後悔のないモバイルバッテリーだと思う。もしあなたがどのモバイルバッテリーを購入するか迷っているのならAnker PowerCore 10000にしてみてはどうだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました